広告掲載募集中
広告掲載募集中
広告掲載募集中
広告掲載募集中
広告掲載募集中
広告掲載募集中
広告掲載募集中
広告掲載募集中

吉原ソープ ビギナーガイド

1.吉原の歴史
吉原の歴史は江戸時代まで遡ります。
江戸幕府によって公認された遊廓が吉原ソープランドの前身「吉原遊廓」(よしわらゆうかく)で、はじめは日本橋近く(現在の日本橋人形町)にありました。(元吉原と呼ばれています。)
1657年(明暦3年)に映画「吉原炎上」で有名な明暦の大火があり、浅草寺裏の現在の地「台東区千束」に移転します。(元吉原に対し新吉原と呼ばれています。)
1958年(昭和33年)の売春防止法の施行により、赤線は廃止され、吉原は衰退し、店は連れ込み旅館や下宿屋、トルコ風呂(現ソープランド)などに転業していきますが、やがてトルコ風呂が全盛期を迎えると、「吉原」=「トルコ」のイメージが定着していきます。
1984年(昭和59年)にトルコ人留学生が当時の厚生省に名称変更を訴え出たことを端に「トルコ風呂」という名称は消え、現在のソープランドに名称は変更し、定着しました。
吉原のソープランドは最盛期には250店あったと言われ、当時から現在に至るまで日本最大の店舗数を誇っています。(現在は約140店)
2.吉原ソープランドの特徴
吉原ソープランドの最大はなんと言ってもその規模の大きさです。 日本最大の店舗数かつ店舗の密集率は他のソープランド街とは比較になりません。
また風俗街としての歴史も古く、認知度の抜群の高さから日本全国から吉原で働きたい女の子が集まってきており、レベルの高い女の子の数も比例して他のソープ街の追随を許しません。
3.吉原ソープランドの遊び方
吉原のソープランド街は駅から少し離れたところにあるため、アクセスは決して良いとは言えまえん。 (→吉原アクセスMAP
最寄駅からタクシーという手もありますが、1,000円前後程の費用が必要になってしまいます。
吉原のソープランド店では、予約が入ったお客様を送迎してくれるサービスのお店がありますので事前に確認しておくことをお薦めします。
車で行く場合でも駐車場の確保をしてもらうためにやはり事前に連絡しておいた方が無駄な待ち時間をカットできますのでお薦めします。
また女の子はいきなり休むこともありますので事前にお店に連絡を入れておくとと、代替案も用意しておくと良いでしょう。

ソープランドの料金は2通りの表示があります。1つは入浴料のみを表示しているソープ店で、もう一つは総額表示のソープ店です。
総額表示のソープ店は、入浴料やコンパニオンへのサービス料や指名料など全て込み込みの表示になっていますが、 入浴料表示のソープ店では入浴料以外に指名料やサービス料が別途必要になってきますので注意が必要です。
支払いは、現金以外にもほとんどのソープ店でカードも使え、引落としの際の名称も店舗名が表記されませんので安心です。どうしてもぼったくりが心配な場合はやはり現金をお薦めします。

ソープランドで楽しく遊ぶための基本はやはり女の子に嫌われないことです。(ソープに限らず他の風俗店でも同じですが。。。)
お金を払っているからと言ってもサービスするのは女の子です。黙りこくってたり、湿っぽい話ばかりでは女の子の気持ちも高まりません。お互い楽しく遊べる環境つくりが大切です。不潔なカッコや酔った勢いで無理な要求をするなどは当然NGでしょう。 またあまりに度が過ぎると途中退場や出入り禁止になってしまいますので注意しましょう。